結婚式で人気の神前式とチャペルウェディング

親族のみで行われる神前式

結婚式をする場合は日本古来の神前式とチャペルウェディングが人気です。神前式では一般的に新郎は羽織、袴姿で花嫁は白無垢に打掛姿で行います。挙式は親族のみの少人数で行われることがほとんどです。
神前式は新郎新婦が神に結婚の誓いをするだけでなく両家の親族がひとつの家族になることを認識する場所でもあるのです。神前式は神職による祝詞奏上から始まります。その後新郎新婦は三々九度の盃をしたあと玉串を神に捧げ指輪交換をします。最後に新郎新婦と両家の親族が全員でお神酒を飲んで家族になった事を祝うのです。
友人や知人は披露宴会場で新郎新婦の到着を待ちます。披露宴ではお色直しに花嫁がウェディングドレス姿になるのが一般的です。

友人や知人も参加できるチャペルウェディング

チャペルウェディングは、ホテルや結婚式場に併設されたチャペルで行います。チャペルといっても日本の場合は宗教に関係なく行われます。そのため牧師役も式場の係員が代行する場合もあります。
神前式と違ってチャペルウェディングは親族だけでなく友人や知人なども参加できます。式は結婚の誓いの後指輪交換をしてその後結婚証書に署名をします。それから牧師が結婚が成立したことを宣言して式が終わります。
チャペルから出てきた新郎新婦をフラワーシャワーやライスシャワーなどで出迎えるイベントなども行われたりします。神前式と違って賑やかで楽しい式となるのがチャペルウェディングです。結婚式場にとってチャペルは大きな目玉で年々趣向を凝らしたものが増えてきています。

名古屋では、結婚指輪を販売している店舗が多く、魅力的な商品が充実しています。そのため、結婚指輪を名古屋で探せばこだわりを持ちながら結婚指輪を購入する際に大変役立ちます。